PHP

【PHP】空判定メモ

PHP()空判定メモ

PHP Version 5.6.30の検証結果です。

結論

基本的には不要な値を把握して == はつかわずに === を使ったり明確に書く方がいいと思います。

ただ値が把握できない時などは == よりは empty() がわかりやすいし安全だと思いました。

実験メモ

empty()

 

empty(null) true
empty(false) true
empty(”) true
empty(0) true
empty(‘0’) true
empty(‘12345’) false
empty(12345) false
empty(‘abcde’) false
empty(array())
true

 

== ”

 

null true
false true
true
0 true
‘0’ false
‘12345’ false
12345 false
‘abcde’ false
array()
false

 

== 0

 

null true
false true
true
0 true
‘0’ true
‘12345’ false
12345 false
‘abcde’ true
array()
false

 

== ‘0’

 

null false
false true
false
0 true
‘0’ true
‘12345’ false
12345 false
‘abcde’ false
array()
false

 

isset()

「変数が宣言されていること、そして null とは異なることを検査する」なので今回の検証からは除外

is_null()

「 変数が null かどうか調べる」なので今回の検証からは除外

 

たか
たか
明確に把握してかけるのが一番です!