WordPress

【WordPress】ロリポップ独自SSL(無料)設定

はじめに

この設定方法は当ブログを構築する際に調べたものになります。
人にとって必要なものが異なる場合もあると思いますが、あらかじめご了承をお願いいたします。

利用環境は以下の通りです。

  • PC:Windows10
  • レンタルサーバー:ロリポップ
  • 利用テーマ:JIN(有料)

独自SSLとは

SSLとは通信時の情報を暗号化しセキュリティをたかめることです。
URLの先頭の http が https でアクセス可能になり、URLバーの左に🔓マークがつきます。

独自SSL設定方法

取得した独自ドメインに独自SSL(無料)を設定

当ブログのサーバーはロリポップのなので、ロリポップでの設定方法になります。

  1. ロリポップの管理画面を開く
  2. セキュリティ>>独自SSL証明書導入
  3. 取得したドメインが記載されてるのでチェックボックスをつける
  4. 「独自SSL(無料)を設定する」をクリック

 

「SSL保護有効」が出るまではWordPressでの設定はしないでください。

有効化される前の「https」のURLをWordPressで設定した場合、WordPressの管理画面へアクセス不能になり、かなりめんどくさいことになります😅

※反映時間が正確にわからないので状況が分かりづらくなります

SSLが有効化してもURLのところに「保護されていない通信」と表示される場合

ソース内にhttp://の読み込みがあるのが原因です。
当ブログでもこの事象が出たのですが、リンクをhttpsに書き直すと直りました。

なお独自SSLは独自ドメインにしか設定できません。

ワードプレスのWordPress アドレス (URL) と サイトアドレス (URL)を変更

この設定は間違えると怖いので下の注意点をよく読んで、設定を行ってください!

厳重注意
ここの設定がうまくいかないとWordPressのブログや管理画面にアクセスできなくなったりして、万が一戻せなくなるかもしれません。

前提として必ずアクセス可能なURLで設定をしてください。

例えば独自SSLを設定して「SSL保護有効」が出る前(=アクセス不可)にhttpsのURLで設定するとWordPressの各画面にアクセス出来なくなる可能性があります。

たか
たか
厳重注意は確認できましたか?それでは設定開始です!( `ー´)ノ
  1. WordPressの管理画面を開く
  2. 設定>>一般をクリック
  3. サイトアドレス (URL)を取得したドメインのURLに書き換える
  4. WordPress アドレス (URL) を取得したドメインのURLに書き換える
    ※念のため旧URLはメモっておくこと
  5. 「変更を保存」をクリック

 

WordPressアドレス(URL) :WordPressをインストールした場所
サイトアドレス (URL):公開用のURL

※WordPressをインストールした場所とのことですが、ドメインまでの入力でOKです。
インストールしたフォルダまで入力すると当ブログの場合は繋がらなくなりました…😅

万が一失敗してWordPressにアクセスできなくなったときの対処法のメモ

当ブログもサイト構築中に失敗したときは、以下のいづれかを試しつつ、状況を確認し調整を行いました!
非常にデリケートな作業なので、バックアップをするなど自己責任で落ち着いて状況の確認を行ってください。

一旦表示できる状態までもどったら、再度時間を置いて新URLに設定してみてください。
(ちなみに当時はかなりイライラしながらしたなー😒笑)

・キャッシュの可能性があるので、Ctrl+F5とかでスーパーリロードかけてみる

・ロリポップ!の場合は「ロリポップ!アクセラレータ」OFFにしてリロードしてみる
(高速表示対策でキャッシュが残りやすいらしい)

・独自ドメインの取得がうまくできてるか。
※ドメイン取得元からWHOISとかメール認証とかの設定依頼メールがきてないか確認する

・データベースを触らないで確認する場合
ロリポップ管理画面などからFTPにアクセスします。
wp-config.phpの以下のコメントより上

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

下のコードにの★の部分を書き換え保存し様子見、状態の確認をする

define('WP_SITEURL', '★自分のWordPressアドレスに書き換える★'); // WordPressアドレス
define('WP_HOME', '★自分のサイトアドレスに書き換える★'); // サイトアドレス


・データベースで触って確認する場合

WordPressのデータベースへアクセスします。
wp1_optionsの「siteurl」、「home」を旧URLに書き換えて様子見、状態の確認をする

※home:WordPressアドレス(URL)
※siteurl:サイトアドレス (URL)
※wp1_は初期の接頭辞なので個人個人で違うかもしれません。

 

たか
たか
以上で設定完了です!うまくできましたか?

スムーズに更新が成功することを祈っております( `ー´)ノ